地番の特徴と地番検索の方法

日本は地番および住所表示の2種類があるのをご存知でしょうか。地番は土地登記簿の登記事項の一つで、土地一区画ごとにつけられている番号で、土地の位置が分かりやすくために、土地一区画ごとにつけられており、土地一区画の事を一筆と言います。地番の表記は市区町村字に当たる地域に応じて地番区域が定められているのですが、住所表示は建物を町名や街区符号、住居番号で表記しています。

それぞれの建物についている住居番号は、建物の出入り口が接している場所の基礎番号が利用されているのですが、以前は地番が使われており、日本の市街地化が進む事で、その土地がどこにあるのかを地番では特定が難しくなり、住居表示に関する法律が昭和37年に制定されて、住居表示で区別が行われるようになったのです。

因みに、住居表示は建物の出入り口が接している部分の基礎番号と言うになりますが、所有する土地には複数の地番が混在しているケースがあり、登記簿には所有する土地のすべての地番が掲載されています。


そのため、不動産の所有権の確認をする時、第三者が登記簿を見る時などは、地番が幾つに分かれているのかを知る事が出来ます。


尚、従来の住居表示は、「○○市○○町○○地番」と言った表記になっていましたが、昭和37年に制定された法律により、「○○市○○丁目○○番○○号」と言った表記方法に代わっており、登記簿上は従来通り「○○市○○町○○地番」と言った形で表記が行われていると言った違いがあります。地番の役割は、登記情報の取得、税金等公的に使用する土地を表しており、住居表示は郵便物を配達する宛先を表すと言った意味の違いがあります。地番を調べなければならないケースがありますが、法務局で地番検索を行う方法やブルーマップを利用して地番検索を行う方法などがあります。

マイホームを購入した時など、不動産登記を自ら行うと言った場合、登記事項要約書の申請などを法務局の登記所で行えば、専門家に依頼をしなくても登記を行う事は可能ですが、登記簿に記載するのは住居表示ではなく地番を記載しなければならないため、地番検索を利用して調べておく必要があります。


ブルーマップは大きめの図書館に行くと自由に閲覧が可能になっていますし、法務局内にも自由に閲覧が出来るブルーマップが用意されているので、こうした施設を利用すれば地番検索が可能になり、調べた地番を申請書類に記載が出来るようになります。

但し、図書館や法務局に置いてあるブルーマップは、それぞれの施設が管轄としているエリア内でのブルーマップになるので、異なるエリアの地番検索を行いたい場合には、国会図書館と言った施設を利用する方法や土地家屋調査士などに依頼をして調べる方法があります。

尚、一般的には自ら不動産の地番を調べると言うケースは少なく、仮に調べなければならないと言った場合でも、土地家屋調査士に依頼をする事で地番を調べて貰えるようになっています。

幅広い分野の視点から地番検索の有益な情報をお届けします。

職員名簿情報に関するかしこい運用法をチェックしてください。



職員名簿に関する疑問を解消してください。

名簿の販売に関しての情報が閲覧できます。

https://m3q.jp/t/570

https://matome.naver.jp/odai/2142521727937146601/2142521821139082403

https://news.nifty.com/article/economy/economyall/12144-273597/

関連リンク

  • 名簿販売は、個人が名簿を売却することも、それを買い取って販売することも、また購入することも違法行為ではありません。近頃では自分のパーソナル情報についてナーバスになっていますので、名簿の売買が個人情報の観点から問題があるのではないかと考える人も多いようです。...

  • 工事現場で安全を確保するためには看板の設置は必要不可欠です。通行する人の安全を確保するだけではなく、工事を行う作業者の安全を確保するためにも、分かりやすく目立つ看板を設置することで大きな効果があるとされています。...